コンタクトで目の痛みになっている原因は?

はてなブックマークに追加  

コンタクトしていて目に傷が入ったらどうなる?その対処法は?

コンタクトレンズ目が痛い。原因は?ハードコンタクトレンズのメリットといえば、「目が呼吸しやすい」「乱視が矯正されやすい」「定期交換型のソフトコンタクトレンズに比べて手入れが楽」「コストが安い」などがあげられます。

さらに、ハードレンズは目に異常が起きた時にソフトレンズに比べて痛みを感じやすいことから、「目の病気の重症化を防ぐことができる」という特徴も一般的に良く知られています。

しかし、「目に傷が出来てしまったとき」は例外もあり、ハードコンタクトレンズを使用している場合でも、発見が遅れてしまうケースが多いということを皆さんはご存じでしょうか。

ハードコンタクトレンズは目の病気の「予防効果」はある

ハードコンタクトのユーザーなら誰しも経験のある、「目にゴミが入ったときにとても痛い」という症状。入り込んだゴミが小さなものであっても痛みが強いので、反射的に沢山の涙が出ます。

一方でソフトコンタクトレンズは、角膜全体を柔らかい素材で覆っている状態のため比較的痛みを感じにくいと言われています。

そのため、ハードコンタクトレンズの場合は、一刻も早く痛みを和らげようと、レンズを外したり目を洗ったりすることで、レンズに付着した汚れが原因となる感染症や、目に傷ができることを「予防する効果」はあります。

ソフトコンタクトもハードコンタクトも「目の傷」は分かりにくい?

痛みや異常などを自覚していない状態で受けた眼科の定期健診で、目に傷があることを指摘されて驚いたというケースは少なくありません。

ソフトコンタクトユーザーであれば、レンズの柔らかい素材自体にバンデイジ効果があるため、装着することでかえって痛みが和らぐことがあり、目に出来た傷に気が付きにくいことが理由としてあげられます。

では、目に異常が起きたときに痛みを感じやすいと言われるハードコンタクトユーザーの場合はなぜなのでしょう。

それは、傷が出来た目にレンズを入れると最初は痛みを感じるものの、「痛みに慣れてしまう」ということを意味しています。

例えば、目に痛みを感じたとき、まずはレンズを外してゴミなどが付着していないか確認したり洗浄した後に、「再び装着してしばらくの間様子をみる」ことがほとんどでしょう。

その行程を繰り返すうちに、しだいに痛みに慣れてしまうのです。

常に装着感のあるハードコンタクトレンズを長く使用している人は、「目の違和感に慣れやすい」という一面があるのかもしれませんね。

レンズをはめて目に痛みがあるときは速やかに眼科受診を

目に出来た傷を放置してしまった場合、最も恐ろしいのは傷から細菌が入り込むことによって起こる感染症です。

目の傷が比較的軽度の場合は、ハードコンタクトでもソフトコンタクトでも異常に気が付きにくく、自覚症状のないまま症状が進み、重傷化してしまうリスクが非常に高くなります。

手遅れになる前に、「最終的な傷の有無は眼科で確認するまで分からない」ということを常に心に置いて、いつもと違う目の痛みを感じたときは決して様子を見ることなく、速やかに眼科を受診するようにしましょう。

はてなブックマークに追加  

関連記事:はめた時の異物感は大丈夫なの?
人気の記事:ネットで安くコンタクトを買うには?
おすすめ記事:裸眼視力から度数を調べる方法はあるの?



スポンサードリンク

コンタクト買うなら激安通販<メアシス>完全送料無料





スポンサードリンク

コンタクト買うなら激安通販<メアシス>完全送料無料

 

 

 


QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

人気コンテンツ

Main Contents

お悩み解決!

知っ得!コンタクト豆知識

Q&A

このサイトについて