落ちた視力って回復出来るの?

はてなブックマークに追加  

近視の原因とメカニズム・悪くなった視力って戻るの?

落ちた視力は回復するのか?近視は怪我などと違って視力が下がってしまったら回復しないと思っている人は案外多いかも知れません。実際のところ一度落ちた視力は回復出来るものなのでしょうか?

実は近視には種類があって、仮性近視(一時的な近視)であれば目の疲労さえ取り除けば遠いものも再び見えるようになります。よく「視力回復センター」という視力を回復させる有料の施設などが本や雑誌の宣伝で載っていますが、そういった回復施設で視力が戻せるのは、この仮性近視だけです。

目の疲労が蓄積してそれが慢性化してしまうと視力の回復しない本当の近視になってしまって回復センターでは視力を戻すことは出来ません。

もう少し踏み込んだ話をすると・・・

実は「視力が良い人」というのは遠くのものを見る時は目の力を使っていません。遠くを見る時はレンズは小さくなった状態で、目の奥の網膜(スクリーン)上に映像が映っている状態なのです。レンズを小さくする時はリラックスしている状態ということを覚えておきましょう。

次に近くの物を見る時ですが、見るものが近くに来れば映像はスクリーンより奥に移動しますが、目のレンズは大きさを変える機能があって、瞬時にレンズを大きくしたり小さくしたりすることでピント調節をして遠い物も近い物もピンボケすることなく見ることが出来ています。


視力が落ちる原因は?

視力が落ちる原因とは?目のピントはレンズの周りにある筋肉を使ってレンズの大きさを調整しています。「近くを見る時はレンズを大きくする」「遠くを見る時はリラックスさせてレンズを小さくする」というしくみです。

先ほども書いたように、遠くを見る時はレンズは小さくなりリラックスした状態ですが、近くのものを見る時はレンズを大きくするために筋肉を使うので疲労がたまってしまいます。

疲労が蓄積すると筋肉に痙攣が起こって遠くを見ようとしても映像がはスクリーン上に移動できなくなってしまいます。これが仮性近視といわれる状態です。この状態で近くを見続けると筋肉は「疲労」のために元に戻ろうとしますが、戻るとスクリーンより後ろに映像が移動するから近くが見えなくなり、今度は後ろにある映像に合わせようとスクリーンの位置が目の奥に後退してしまいます。

こうなると目玉の奥行きが伸びてしまいます。目玉の奥行きが伸びる、これが近視です。奥行きが伸びてしまうと少しの訓練では治せなくなってしまいます。

  はてなブックマークに追加

関連記事:眼鏡とコンタクトってどっちが目に悪いの?
人気記事:正しいコンタクトショップの選び方
おすすめ:まとめ買いすると安いお店は?






スポンサードリンク
コンタクト買うなら激安通販<メアシス>完全送料無料

QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

人気コンテンツ

Main Contents

お悩み解決!

知っ得!コンタクト豆知識

Q&A

このサイトについて