コンタクトの度数を自分で調べる方法

はてなブックマークに追加  


自分のコンタクトの度数って調べられる?

自分に合うコンタクトの度数をある程度までなら自分で調べることが出来ますが、正確な度数は眼科に行って視力検査を受けないと残念ながら知ることは出来ません。

正確な視力と自分に合ったコンタクトの度数は眼科で検査をして貰うというのが大前提なので覚えておきましょう。

それでもコンタクトの度数を自分で調べたい!

正確な度数じゃなくてもいいから、どうしても自分に合ったコンタクトの度数を今すぐにでも知りたい人もいると思いますが、実は自分の度数を計算する式はあります。それをお教えする前に、まずは「度数」のことについて少しだけお話します。

そもそも度数って何なの?

コンタクトや眼鏡の度数とは矯正度のことで、視力は近視以外にも乱視など様々な要素があって、同じ視力の人でも微妙に変わるものなのです。

つまり、ある人が視力0.2で度数が―5.0だったからといってあなたも同じ度数になるとは限らないということなのですね。

 

もう少し補足すると・・・

視力0.2の人が1.0に矯正する時と1.2に矯正する時の度数も違います。ちなみに普通は1.2に矯正する方が1.0に矯正するよりも矯正値は大きくなります。更に乱視が加わると矯正値(マイナス数値)は乱視がない人よりも大きくなります。

「視力=度数」ではありません。
つまり自分の視力が0.6でコンタクトの度数が―2.5だったとしても、他の人も同じ度数になるとは限らないのです。


眼鏡とコンタクトでは度数が違う


眼鏡の度数でコンタクトが買えるかという質問がよくありますが、眼鏡屋さんで言われた経験がある方もいるかもしれませんが、やはり眼鏡の度数とコンタクトの度数はまったく違うものでコンタクトを買う時には役に立ちません。

参考:眼鏡の度数からコンタクトの度数を知る方法


裸眼視力から度数を計算する方法


これから自分の度数を計算する方法を紹介しますが、先ほども言ったように、その人の目の状態によって同じ視力でも度数が変わるので、ここで紹介する算式はあくまで参考だと思ってくださいね。

視力から度数を知る計算式は・・・

(コンタクトの度数)=ー(0.32÷視力)

となります。

例えば視力が0.1の方だと度数はー3.2、視力が0.05の方だとー6.5となります。ただし、乱視がある場合や矯正視力の設定(視力をどれくらいまで矯正するか)によっても数値が変わりますのであくまで参考値となります。

乱視がきついと数値が上がりますし、矯正視力は通常1.0に設定しますが1.2にするような場合も数値が上がります。あくまでもこの計算式は参考程度なので注意が必要です。正確な度数は眼科に行って調べて貰いましょう。



この数式で度数が分かるの前提条件は乱視が無いことと視視力があること。(視視力とは矯正しても視力の出ない視力が弱いこと言います。)度数以外にもB・C(ベースカーブ)と呼ばれる数値も人によって違います。

レンズは瞳の球体にフィットするように湾曲させてありますが、この度合いを数値化したものがベースカーブと呼ばれるものです。

ただし、ソフトレンズに限っては大多数の方に合うようにBCは全ての種類で8.7前後になっているので買う時は8.7を選べば問題ありません。ソフトレンズはレンズの素材が柔軟にしてBCが合わなくても問題がないようにしてあるからです。

ただし、ハードレンズの場合はカーブが合わないと目を傷めてしまうので必ず眼科で受診してBCを調べましょう。

余談ですが、数値にDIA(ダイアメーター)と呼ばれるものがありますが、これはコンタクトの直径のことです。これはレンズの種類ごとに決まっている数値で個人が変えることが出来ない数値です。

ネットでコンタクトを購入する時に処方箋が必要なお店があります。仮に処方箋の必要ないお店を選んでもやはりコンタクトの度数を知らないと購入できません。

眼の安全の為にも初めてコンタクトを購入する際は必ず眼科に行って受診しておきましょう。一回でも眼科に行って検査をしてからコンタクトを購入すればレンズの箱の裏に度数など購入時に必要な正確な数値が記載されています。

はてなブックマークに追加  

人気の記事:まとめ買いすると安いお店は?
合わせて読みたい:コンタクト高校生でも買える?
関連記事:眼鏡の度数からコンタクトの度数を知る方法





初めての使い捨てコンタクトレンズ購入ガイド Contact Biginners Guide

スポンサードリンク
コンタクト買うなら激安通販<メアシス>完全送料無料
QLOOKアクセス解析
スポンサードリンク

人気コンテンツ

Main Contents

お悩み解決!

知っ得!コンタクト豆知識

Q&A

このサイトについて